ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」2485号(平成23年11月8日号)発行のおしらせ

 機関紙「自由民主」の2485号が1日、発行されます。東日本大震災からの初の本格的な復興予算である第3次補正予算が、震災の発生から半年以上経ってから、ようやく提出されたことは、民主党政権の対応の遅さを示すものに他なりません。わが党はこの体たらくに業を煮やし、これまで震災関連の法案や政策提言から救援物資の搬送に至るまで、震災対策のあらゆる面で政府を凌駕してきました。1面では、それらわが党の取組みについて、まとめました。続く、2、3面では、党内の会合や国会論戦など、震災をめぐる現在の動きを解説。わが党が被災地の一日も早い復興には不可欠であると判断し、3次補正に盛り込むよう提案した、7.1兆円規模の追加要望のポイントなどをお伝えします。


<1面>
自民党が震災対策をリード 被災地の復旧・復興に全力

<2面>
3次補正7.1兆円規模の追加要望
税調、政調全体会議で議論活発

<3面>
衆参各委員会で政府を追及 各大臣、的外れ・逃げの答弁
タイ、トルコ両国への支援本部設置

<5面>
語る 森喜朗元総理 第2回
自民党の政治家はすべてファミリー

<6面>
私の主張 根本匠(党福島県第2選挙区支部長)
地方政治の現場から 横山幸一(神奈川県連青年総局幹事長)

<7面>
お薦めの一冊 後藤田正純衆院議員 「吉田茂 ポピュリズムに背を向けて」
ふるさと自まん 平沢勝栄衆院議員 「情緒あふれる下町(東京都葛飾区)」
あの頃の思い出 中谷元衆院議員 「学生帽」
政治川柳

<8面>
Weekly Jimin(10月24日-30日)
なまごえひろば

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ