ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」2483号(平成23年10月25日号)発行のおしらせ

 機関紙「自由民主」の2483号が18日、発行されます。山積する内外の課題に対応できず、野田内閣が早くも行き詰まりを見せる中、谷垣自民党は着々と政権奪還に向けた陣容を揃えつつあります。1面から2面にかけて、新メンバーで初めて開催されたシャドウ・キャビネットの様子とともに、新しく決まった党役員の顔ぶれをお伝えします。また、2面の新役員インタビューには、主戦場となる国会論戦を取り仕切る岸田文雄国会対策委員長が登場。どのようなスタンスで東日本大震災からの復興に協力しながら、解散・総選挙に追い込むべく民主党政権と対峙していくのか。これからの1年を「大きな勝負になる」と見通す岸田国対委員長に、臨時国会召集を前にした決意を聞きました。


<1面>
Q.政権奪還には発信力強化が必要だ。
新メンバーによるシャドウ・キャビネット初会合
谷垣総裁「民主党政策は限界に来ている」

<2面>
岸田文雄国対委員長に聞く
わが党をアピールする機会つくる

<3面>
たばこ増税は本当に必要か 第3次補正めぐり自公民政調会長会談
竹島での韓国の行動受け「朝鮮図書」引き渡し反対 党外交部会などが政府に要望
麻生前総裁を団長に青年局が訪台 義援金に感謝の意

<5面>
語る 対談(上)
河野洋平元総裁&森英恵(デザイナー)

<6面>
私の主張 坂本剛二(党福島県第5選挙区支部長)
地方政治の現場から 中村紀雄(群馬県議会・八ッ場ダム建設推進議員連盟会長)

<7面>
お薦めの一冊 柴山昌彦衆院議員 「外交」
ふるさと自まん 菅義偉衆院議員 「掃部山公園(横浜市)」
あの頃の思い出 武部勤衆院議員 「政治の原点」
政治川柳

<8面>
Weekly Jimin(10月10日-16日)
なまごえひろば

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ