ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」2481号(平成23年10月11日号)発行のおしらせ

 機関紙「自由民主」の2481号が4日、発行されます。野田内閣の限界が早くも浮き彫りになった第178臨時国会の閉会後、谷垣禎一総裁は任期満了に伴う党役員の改選に着手しました。1面では、この新たな布陣の狙いやポイントを、谷垣総裁の会見とともに解説。民主党政権による閉塞感を打開するため、問題山積の野田体制を徹底追及する、わが党の決意をお伝えします。続いて2面では、わが党議員が野田内閣の矛盾に鋭く切り込んだ予算委員会を取り上げました。公務員宿舎の建設問題や「政治とカネ」、普天間基地移設問題などのテーマについて、質疑の様子をまとめました。


<1面>
総務会長、塩谷氏 政調会長、茂木氏 政権奪還へ、一致結束 
若手とベテランの適材適所で自民党の総合力を発揮

<2面>
衆参予算委、野田総理のリーダーシップを追及
災地復興に対応鈍い政府

<3面>
原発の事故究明 国会調査委設置法が成立
政府から除染の進め方聞く 特命委員会
石川議員への辞職勧告決議案を提出

<4面>
復興への視点 これからの防災対策(最終回) 関西学院大学教授 室崎益輝

<5面>
語る 河野洋平元総裁 第4回
父・政治家、河野一郎との2回の旅

<7面>
お薦めの一冊 坂本哲志衆院議員 「炎の陽明学―山田方谷伝―」
ふるさと自まん 田中和徳衆院議員 「砂子の里資料館(川崎市)」
あの頃の思い出 甘利明衆院議員 「僅差の最下位当選」
政治川柳

<8面>
Weekly Jimin(9月26日-10月2日)
なまごえひろば

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ