ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」2480号(平成23年10月4日号)発行のおしらせ

 機関紙「自由民主」の2480号が27日、発行されます。政府による第3次補正予算の提出が遅れており、歴史的な水準にある円高、東日本大震災からの復興、台風被害などの対応が進みません。わが党は同補正予算を早急に成立させ、迅速な対策を講じることが政治の責任であると考えます。2面のインタビューシリーズで、党円高と産業空洞化に対処するプロジェクトチームの竹本直一座長がわが党の姿勢や今後の課題を語っています。


<1面>
Q.震災・台風対策とともに、円高対策を含む第3次補正予算案を一刻も早く政府は提出すべきだ。
ふるさと対話集会 "みちのくシリーズ"を開始 絆―がんばろう東北!

<2面>
自民党はこう考える
竹本直一円高・産業空洞化PT座長に聞く 対応が遅すぎる民主政権

<3面>
「公党間の約束守れ」 石原幹事長が民主批判
原発施設警備を自衛隊に 党検討会が法整備に向け提言
設置進む地方政治学校 10月から奈良政経アカデミー

<4面>
復興への視点 これからの防災対策(2) 関西学院大学教授 室崎益輝
国のかたちを考える 安全保障(3) 岡崎研究所所長・岡崎久彦

<5面>
語る 河野洋平元総裁 第3回
辞表を胸に両院議員総会に臨む

<7面>
お薦めの一冊 加藤勝信衆院議員 「学問のすすめ」
ふるさと自まん 下村博文衆院議員 「板橋のいっぴん(東京都板橋区)」
あの頃の思い出 町村信孝衆院議員 「大学紛争」
政治川柳

<8面>
ひまわり咲いたぞ! 絆プロジェクト★全国ひまわりキャンペーン
なまごえひろば

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ