ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」2469号(平成23年7月12日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2469号が5日、発行されます。大震災から間もなく4カ月が経とうとしていますが、遅々と進まない復旧・復興。その大きな要因として、がれき処理の問題があります。わが党は、がれき処理を国の責任で全額国が費用を負担する、がれき処理特措法案を議員立法として公明党などと共同提出しました。「今週のTOP」でその内容を説明し、早期成立に全力を挙げます。また、被災地の復旧・復興に向けたわが党の考え方と菅政権の問題点について、東日本巨大地震・津波災害法整備等緊急対策PT座長の小里泰弘衆院議員に聞きました。


<1面>
Q.震災対策に対する自民党の取り組みは評価できる。
議員立法で震災対応加速化

<2面>
自民党はこう考える
東日本巨大地震・津波災害法整備等緊急対策PT座長 小里泰弘衆院議員
補正予算、立法面も自民党案がベース

<3面>
全ての学校に太陽光発電を
二重ローン問題の救済策
コメの「先物取引」認可に抗議声明

<4面>
国会論戦のポイント 震災対策なぜ進まない

<5面>
語る 中曽根康弘元総理 対談 橋本五郎読売新聞特別編集委員

<6面>
大震災復興への視点 大震災を教訓とした新しい国土計画の姿(2)
政策研究大学院大学政策研究センター所長・特別教授 森地茂
国のかたちを考える 社会保障(1)政策研究大学院大学教授 黒川清

<7面>
地方政治の現場から 愛知県連女性局長 神戸洋美
政治川柳
よくわかる保守主義入門<76> 保守主義の可能性6

<8面>
Weekly Jimin(6月27-7月3日)
なまごえひろば

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ