ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー メールマガジン

メールマガジン 2017.10.20 Vol.804

★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ┌───┐
    │\_/│  この国を、守り抜く。JIMIN News Packet
    └───┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【2017.10.20 Vol.804】

=======================================================================
行こう!期日前投票。(投票日まであと2日)
=======================================================================
熱戦を繰り広げている衆院選も残すところあと2日。自民党は、安倍総裁を先頭に
一致団結し、最後の最後まで総力をあげて臨んでいきます。

マスコミ各社は、「自民が堅調」と報道していますが、各候補は大変厳しい戦いを
強いられています。「この国を、守り抜く。」ためには、皆さんの力が必要です。

明日まで期日前投票ができます。週末にかけて、悪天候が予想されますが、どうか
足元にはお気をつけ頂き、ぜひお早めに投票してください。
小選挙区は自民党の「候補者名」を、比例代表は「自民党」または「自由民主党」と
書いて頂きますよう、よろしくお願いします。

■あなたの街の自民党の候補者はこちらから
・公認候補者(衆院選特設サイト)
 https://special.jimin.jp/candidate/

=======================================================================
「この国を、守り抜く。」(安倍総理)
=======================================================================
安倍総裁は、福島県で公示後の第一声を発して以降、 「この国を、守り抜く。」
との強い使命感で、連日、全国各地で遊説を行っています。

安倍総裁は、アベノミクスをはじめ、自民党が推し進めてきた経済政策によって、
政権交代後GDPは50兆円増え、正社員の有効求人倍率が初めて全国で1倍を超えた
ことなどの成果を説明し、「政策こそが未来を切り拓く」と訴えています。
そして、日本が直面する少子高齢化と北朝鮮の脅威という大きな課題に、真正面から
取り組み、解決していく姿勢を強調しています。

いま、必要なのは確かな政策と実行力、そして外交力です。

豊かで平和な日本を守り抜き、子供たちの未来を切り拓くため、自民党は、未来に
責任を持つ確かな政策で、結果を出し続けます。

●安倍総裁の10月21日(土)の遊説日程(※予定が変更になる場合もあります)
11:15~ 【岐阜県】金子 俊平 (4区)ふるさと川公園 (可児市下恵土196)
12:50~ 【愛知県】伊藤 忠彦 (8区)名鉄太田川駅前
13:30~ 【愛知県】工藤 彰三 (4区)金山総合駅南口
14:00~ 【愛知県】池田 佳隆 (3区)昭和区滝子交差点 (昭和区広見町1-5付近)
15:10~ 【愛知県】熊田 裕通 (1区)久屋大通松坂屋本館前(中区栄3-16-1)
15:30~ 【愛知県】神田 憲次 (5区)JR名古屋駅高島屋前
19:00~ 【東京都】山田 美樹 (1区)秋葉原駅電気街口

衆院選最後の安倍総裁の遊説です。ぜひ、足をお運びください。

■詳しくはこちらから
・演説会情報(衆院選特設サイト)
 https://special.jimin.jp/speech/

■次回の配信は10月27日(金)の予定です。


◆選挙情報
・衆院選特設サイト
 https://special.jimin.jp/

┌─────────────────────────────────┐
       ■編集&発行■自民党広報本部ネットメディア局
         〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23
    URL:http://www.jimin.jp/ Mail: ldpmag@mail.jimin.jp
         Copyright(C)2017 自由民主党本部
└─────────────────────────────────┘

○メルマガ読者へのご連絡
第48回衆議院総選挙公示日後、選挙運動用メールを配信させていただいていますが、
選挙運動用メールをご希望されない方は、ldpmag@mail.jimin.jpまでご連絡下さい。
前回、選挙運動用メールが不要である旨ご連絡いただいた方も、改めてお送りください
ますようお願い致します。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ