ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー メールマガジン

メールマガジン 2017.9.15 Vol.799

★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ┌───┐
    │\_/│  責任を果たす。JIMIN News Packet
    └───┘    

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【2017.9.15 Vol.799】

==================================================================== 
「断じて容認できない」「ミサイルの動きを完全に把握」(安倍総理)
====================================================================
9月15日早朝6時57分頃、北朝鮮は弾道ミサイルを発射し、北海道上空を通過し
襟裳岬東方の太平洋沖に落下しました。

今回のミサイルは、8月29日に続き日本上空を通過したケースで、安倍総理は
発射後直ちに、情報収集・分析の徹底、国民に対する迅速・的確な情報提供を
行うことなどを指示しました。

会見した安倍総理は、「北朝鮮が再びこのような暴挙を行ったことは断じて
容認できない」と強く非難した上で、「ミサイル発射直後からミサイルの動きを
完全に把握しており、万全の態勢をとっていた」ことを明らかにしました。
また、「引き続き強固な日米同盟の下、緊張感を持って、国民の安全、安心の確保に
万全を期して」いくことを強調しました。

■詳しくはこちらから
・北朝鮮による弾道ミサイル発射事案についての会見(官邸HP)
 http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201709/15kaiken1.html

======================================================================= 
二階幹事長がハガティ米国大使と会談
=======================================================================
9月8日、二階幹事長は先月着任したハガティ駐日米国大使と党本部で会談し、
北朝鮮情勢を中心に意見交換しました。

会談で、ハガティ大使は、「米国と日本の関係がこれほど緊密だったことはかつてない」
との認識を示した上で、北朝鮮問題が日米の直近の課題であると指摘しました。
圧力強化に慎重な姿勢を崩さない中国への意見を求められた二階幹事長は、「中国にも
しっかりと協力してもらえるように努力していきたい」と述べ、中国との太い
パイプを活かして話し合う考えを示しました。

また、「日本に滞在されている間に、広く多く各地を訪問して頂きたい」とハガティ大使に
要望し、「大使在任中に日米関係がうまく進展するように、一緒に努力しよう」と
呼びかけました。

■詳しくはこちらから
・ハガティ米国大使が二階幹事長と会談(党HP)
 https://www.jimin.jp/news/activities/135709.html

■次回の配信は9月22日(金)の予定です。

◆選挙情報
 → https://www.jimin.jp/election/index.html#election-each
◆党執行部記者会見
 → https://www.jimin.jp/news/press/index.html    
◆党所属国会議員のメディア出演
 → https://www.jimin.jp/activity/media/index.html
◆党所属国会議員・役員情報
 → https://www.jimin.jp/member/


┌─────────────────────────────────┐
       ■編集&発行■自民党広報本部ネットメディア局
         〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23
    URL:http://www.jimin.jp/ Mail: ldpmag@mail.jimin.jp
         Copyright(C)2017 自由民主党本部
└─────────────────────────────────┘

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ