ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー メールマガジン

メールマガジン 2015.10.16 Vol.707

★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ┌───┐
    │\_/│  日本を、取り戻す。JIMIN News Packet       
    └───┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【2015.10.16 Vol.707】


◆選挙情報
 → https://www.jimin.jp/election/index.html#election-each    
◆党執行部記者会見
 → https://www.jimin.jp/news/press/index.html    
◆党所属国会議員のメディア出演
 → https://www.jimin.jp/activity/media/index.html 
◆党所属国会議員・役員情報
 → https://www.jimin.jp/member/ 

===INDEX===
【1】参院自民党 執行部の再任を了承 [特別総会]
【2】参院選 ネットを活用した候補者公募を発表
      [『オープンエントリー』プロジェクト2016]
【3】「南京事件」記憶遺産登録 撤回求める決議を採択
                  [外交など関係部会合同会議]
【4】国家戦略特区における旅館業法の特例活用
   東京都大田区長からヒアリング [観光基盤強化に関する小委員会]
【5】大阪府知事選 栗原氏の推薦を決定 [選挙対策本部]

====================================================================
【1】参院自民党 執行部の再任を了承[特別総会] 
====================================================================

参院自民党は10月16日、特別総会を開きました。
この中で溝手顕正参院議員会長は伊達忠一幹事長、鶴保庸介政策審議会長、
吉田博美国会対策委員長を再任する人事案を提示し、了承されました。
再任を受けて伊達幹事長は「来年は大変重要な参院選の年。しっかり皆さん
と頑張っていきたい」と2期目の抱負を語りました。

【参院自民党執行部のプロフィール】

◆溝手顕正参院議員会長
 https://www.jimin.jp/member/member_list/legislator/100412.html  
◆伊達忠一幹事長
 https://www.jimin.jp/member/member_list/legislator/100362.html  
◆鶴保庸介政策審議会長
 https://www.jimin.jp/member/member_list/legislator/100506.html  
◆吉田博美国会対策委員長
 https://www.jimin.jp/member/member_list/legislator/100393.html  

====================================================================
【2】参院選 ネットを活用した候補者公募を発表
     [『オープンエントリー』プロジェクト2016]
====================================================================

茂木敏充選挙対策委員長は10月15日、インターネットを活用して
次期参院選の比例代表候補者を公募すると発表しました。
「『オープンエントリー』プロジェクト2016」と名付けた候補者公募には、
来年夏の参院選で被選挙権があり、わが党の基本理念に賛同する方であれば
誰でも応募することができます。
書類選考と面接を経て、最大10人のファイナリストを選出。来年4月の
インターネット投票で得点数が最上位の方を比例代表の候補予定者とし、
その後の選挙対策本部で公認決定します。
また、ファイナリストへのネット投票は党員だけでなく、一般の方にも
参加していただく予定です。
会見で茂木委員長は「政策の実現をさらに加速させるためには、より多様な
人材を発掘し、有権者の声にしっかり耳を傾け続けることが不可欠だ」と
強調。その上で「今回のプロジェクトを通じて広く人材を募り、より多くの
有権者が参加できるネット投票によって、日本を前へ進める新しい政治家を
誕生させたい」と抱負を語りました。

◆専用ページはコチラ→
https://www.jimin.jp/election/results/sen_san24/openentry/index.html

====================================================================
【3】「南京事件」記憶遺産登録 撤回求める決議を採択
                  [外交など関係部会合同会議]
====================================================================

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に中国が申請した
「南京事件」の資料が登録されたことを受けて、外交部会と文部科学部会、
外交・経済連携本部、国際情報検討委員会、日本の名誉と信頼を回復する
ための特命委員会は10月14日、合同で会議を開き、政府にユネスコの
分担金・拠出金の停止や登録撤回などを提案するよう求める決議を
採択しました。
決議では中国に対し「一方的な主張に基づいて登録申請を行う今回の行動は
国際機関の政治利用であり、断じて容認できない」と批判。ユネスコに
対しても「メンバー国同士の問題に対しては中立・公平であるべきであり、
中国側の一方的な主張に基づく申請を、わが国の意見を聞くことなく
登録した」として強く抗議しました。
その上で、登録撤回を提案することや分担金・拠出金の停止、支払い留保
などユネスコとの関係を早急に見直すよう政府に求めました。
また、2年後の次回登録に向け、わが国主導による共同研究の立ち上げや
アジア太平洋地域ユネスコ記憶遺産委員会(MOWCAP)をはじめ関係機関に、
日本人の参画を強力に推進していくことも盛り込みました。

====================================================================
【4】国家戦略特区における旅館業法の特例活用
   東京都大田区長からヒアリング [観光基盤強化に関する小委員会]
====================================================================

観光基盤強化に関する小委員会は10月14日、国家戦略特区における
旅館業法の特例の活用について東京都大田区の松原忠義区長から意見を
聴取しました。
同特例は国家戦略特区内の個人宅や空き部屋を訪日外国人客に貸し出す場合、
旅館業法の適用除外とするものです。昨年5月から運用が開始されており、
特区の対象は東京圏(東京都、神奈川県、千葉県成田市)と関西圏(大阪府、
京都府、兵庫県)となっています。
会合の中で松原区長は訪日外国人客の増加を背景に区内の旅館などの
客室稼働率が上昇していることなどを説明。「羽田空港を擁する『国際都市
おおた』として、安全性や衛生面に配慮した滞在施設を提供する環境を
整備したい」と述べ、今年中に条例を制定し、来年1月の運用開始を目指す
方針を示しました。
同区の条例案では、外国人客の1施設における滞在期間を7日以上と
することや区による立ち入り調査、近隣住民への説明などが盛り込まれて
おり、松原区長は「行政が関与することによって安全・安心面の不安解消に
努めたい」としますが、担当職員の業務負担増大などの課題もあると
指摘しました。

====================================================================
【5】大阪府知事選 栗原氏の推薦を決定 [選挙対策本部]
====================================================================

わが党は10月13日、持ち回り選挙対策本部会議を開き、
来月の大阪府知事選(11月5日告示、同22日投票)で栗原貴子氏(53)を
推薦することを決めました。
わが党は同日投票の大阪市長選(11月8日告示)で柳本顕氏(41)の推薦を
すでに決定しており、全党一丸となって両氏の必勝に全力を尽くす決意です。

◆【大阪府知事選候補】 栗原貴子氏のプロフィール
 → https://www.jimin.jp/election/130679.html
◆【大阪市長選候補】柳本顕氏のプロフィール
 → https://www.jimin.jp/election/130591.html

■次回の配信は10月23日(金)の予定です 
┌─────────────────────────────────┐
       ■編集&発行■自民党広報本部ネットメディア局     
         〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23
    URL:http://www.jimin.jp/ Mail: ldpmag@mail.jimin.jp 
         Copyright(C)2015 自由民主党本部
└─────────────────────────────────┘

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ