ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー メールマガジン

メールマガジン 2014.12.26 Vol.668

★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ┌───┐
    │\_/│ 景気回復、この道しかない。JIMIN News Packet       
    └───┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【2014.12.26 Vol.668】

◆党所属国会議員・役員情報
 → https://www.jimin.jp/member/
◆党執行部記者会見
 → https://www.jimin.jp/news/press/index.html 
◆党所属国会議員のメディア出演
 → https://www.jimin.jp/activity/media/index.html 
◆選挙情報
 → https://www.jimin.jp/election/ 


===INDEX===
【1】第3次安倍内閣が発足「アベノミクスをさらに進化させる」
【2】「共に汗を流していこう」両院議員総会で安倍総裁
【3】「国会で丁寧な説明が必要」首班指名を終えて谷垣幹事長 

====================================================================
【1】第3次安倍内閣が発足「アベノミクスをさらに進化させる」
====================================================================

第188特別国会が12月24日に召集され、衆参両院本会議での首班指名
選挙の結果、安倍晋三総裁が第97代総理に選出されました。
安倍総理は組閣に着手し、皇居での任命式と閣僚の認証式を経て、
同日夜、公明党との連立による第3次安倍内閣が発足。新しい防衛大臣に
中谷元衆院議員が就任し、他の閣僚17人は再任されました。
安倍総理は総理官邸での記者会見で「アベノミクスの成功を確かなものと
していくことが最大の課題だ。多様な声にきめ細かく応えることによって、
アベノミクスをさらに進化させていきたい」と強調。
デフレ脱却や社会保障改革、外交・安全保障について「どれも困難な道のり
だ。私は全身全霊を傾け、戦後以来の大改革を進めている。賛否は大きく
分かれ、激しい抵抗もあるが、(総選挙による国民の)信任という大きな
力を得て、内閣が一丸となって政策実現にまい進していく決意だ」と
力を込めました。

◆第3次安倍内閣閣僚等名簿
 → http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/meibo/index.html

====================================================================
【2】「共に汗を流していこう」両院議員総会で安倍総裁
====================================================================

安倍晋三総裁は12月24日、特別国会召集前に開かれた両院議員総会で
あいさつし、今回の総選挙で与党が3分の2を超える議席を獲得したことに
ついて「勝利の喜びに浸るのは今日をもって過去のこととしなければ
ならない。歴史的な使命を体で感じながら、しっかりと政策を進め、
強い日本を取り戻さなければならない」とあらためて訴えました。
その上で強い日本を取り戻すためには「困難な課題が待っている」と
述べつつ、「力を携えていけば必ず乗り越えていくことができる。一緒に
国民の期待に応えていくために、共に汗を流していこうではないか」と
出席議員に呼びかけました。
また谷垣禎一幹事長も「アベノミクスは道半ば。これからの予算編成、
国会審議の中でこれだけの信任に応えられる努力を払っていかなければ
ならない」と述べました。

====================================================================
【3】「国会で丁寧な説明が必要」首班指名を終えて谷垣幹事長
====================================================================

12月24日の衆参両院本会議で安倍晋三総裁が第97代総理に選出されたこと
を受けて、谷垣禎一幹事長は記者団に対し「スムーズに安倍総裁を指名して
いただいた。安定した政治ができる環境を有権者に作っていただいたので、
そのことを心から有難く思う」と受け止めを述べました。
また今後の国会運営について「与党に『きちんとそれだけの仕事をせよ』と
いう責任が重くなってきている」と語り、予算編成や経済政策などを早急に
策定し、国会で丁寧に説明することが必要との見解を示しました。
安保法制の整備については「国の安全あるいは安心に関わるようなことは、
国民が『そうだ』と得心がいかないとうまくいかない。国会で丁寧に議論を
進めていくことが一番肝要だ」と述べました。

■次回の配信は1月9日(金)の予定です 
┌─────────────────────────────────┐
       ■編集&発行■自民党広報本部ネットメディア局     
         〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23
    URL:http://www.jimin.jp/ Mail: ldpmag@mail.jimin.jp 
         Copyright(C)2014 自由民主党本部
└─────────────────────────────────┘


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ