ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー メールマガジン

メールマガジン 2013.3.22 Vol.587

┌───┐日本を、取り戻す。
│\_/│JIMIN News Packet=3
└───┘2013.3.22 Vol.587
                  

         

          【熱気につつまれて第80回自民党大会】

■安倍晋三総裁演説<全文>

自由民主党総裁の安倍晋三です。
第80回自由民主党大会にあたりまして、本当にお忙しい中、全国からご参加を
いただきました。誠にありがとうございます。
そして日頃、各地域にあって、しっかりと自由民主党を支えていただいております
ことを、党を代表して厚く御礼を申し上げます。

先程、友党公明党の山口那津男代表から力強い、温かいご激励の言葉を頂きました。
私もしばしば山口那津男代表をはじめ、公明党の皆さまには、ご心配をおかけして
おりますが、これからもどうか末永くよろしくお願いしたいと思います。
長年の風雪に耐えて、自公の連立の信頼の絆は微動だにしないと、そう確信をした
次第です。

また経済界からは渡議長にご列席をいただき、これからしっかりと経済界として、
今我々が進めている経済財政金融政策を応援していく、そういうご挨拶を
頂きました。おそらくこれから夏のボーナスの時期に向けて、しっかりと収入を
増やすために、勤労者のために、経営者の皆さまにも汗を流していただけるのでは
ないか、そんな期待感を持った次第であります。
残念ながら、渡さんは今お帰りになられましたが、後でさらに電話をして確認を
したいと、このように思う次第でございます。

さて、我々は3年半前、野党に転落をいたしました。私たちはなぜ政権を失ったのか、
今何をなすべきか、皆で自らに静かに問いました。
答えは立党の原点に立ち戻ることでありました。「広く国民大衆と共に、その責任を
全うせんことを誓う」、立党のこの宣言は、58年を経た今も色褪せることは
ありません。
先程ビデオでご紹介をしたように、我々は野党となり「ふるさと対話集会」を、
谷垣禎一総裁を中心に開始をしました。決して大きなイベントではありません。
地味な車座集会が中心であります。
ですからテレビやマスコミに取り上げられることもほとんどありませんでした。
しかし、私たちはそこから始めました。
「自民党よ変われ」、この声に応えて新しい時代にふさわしい、良識ある保守政党と
しての新綱領を作りました。そして政策を磨き、鍛え、政権奪還の日に備えたので
あります。

自由民主党のこの苦しい3年間、党総裁として党をまとめ上げ、
見事に党を再生した谷垣禎一総裁に、皆さまと共に万雷の拍手で慰労し、
そして敬意を表したいと思います。谷垣前総裁、ありがとうございました。
どうか今後は安倍内閣の法務大臣としてよろしくお願いを申し上げます。

昨年の総選挙は日本を取り戻す戦いでありました。
294議席、まさに今日お集まりの党員、党友をはじめ多くの支持者の皆さまの
お力で大きな議席を獲得することができました。しかし決して慢心してはなりません。
この結果は、「まあ民主党よりはマシだろう」、国民の皆さまがそう判断したに
過ぎないわけであります。
自民党に完全に信頼が戻ったわけではない、このことを肝に銘じなければなりません。
今この瞬間も国民の皆さまの厳しい視線が私たちに注がれている、
この緊張感をもって一つ一つ結果を出していくことによって、
国民の皆さまの政治への信頼を取り戻してまいります。

民主党政権末期、経済は低迷し、長引くデフレ、行き過ぎた円高の中で年々収入は
減少し、「私たちは成長することができるんだ」、この自信すら失っていました。
教育の危機が叫ばれ、そして安全保障、外交の基盤である日米同盟の信頼の絆は
大きく揺らいでいました。
私たちは政権を奪還し、直ちに強い経済を取り戻すため、今までとは次元の違う
大胆な金融政策、機動的な財政政策、そして民間投資を引き出す成長戦略、
3本の矢を次々と放ちました。
今まさに皆さん、日本を覆っていた雰囲気が大きく変わったではありませんか。
まさに今、確実に景気は回復しつつあります。私たちは給料が上がっていく、
今年よりは来年、収入が増えていく、そういう時代を取り戻そうとしています。
私たちは今年よりも来年、またその次の年は必ず良くなっていく、
そして私たちの情熱と努力によって日本の経済は成長していくんだ、
その自信をみんなで取り戻していこうではありませんか。

教育再生実行会議を力強く再スタートさせました。
日本人として生まれたことに誇りを持てる、そういう教育を取り戻してまいります。
世界最高水準の学力と規範意識を身につける機会を保障していく、
そういう教育を取り戻してまいります。

先月、私は訪米し、オバマ大統領と首脳会談を行いました。首脳会談の結果、
日米同盟の強い信頼の絆は完全に復活いたしました。
この強い日米同盟を背景に、日本と志を同じくする自由民主主義、基本的人権、
政治的価値を同じくする国々と、さらに連帯を強化しながら、多くの国々との
連帯を深め、アジア太平洋の海を自由の海として守っていきたいと思います。
力による支配でなく、法による秩序を構築していきたい。
そのための戦略的な外交、主張する外交を進め、日本の国益を守り、
地域の平和と安定と繁栄を確保していきたいと考えています。

中国で習近平体制がスタートし、韓国では朴槿恵大統領が誕生しました。
この2人と新しいリーダーと私はだいたい同じ世代であります。
我々3人がしっかりと意思疎通させていくことが地域の繁栄と平和のためには
必要であると私はこのように考えています。
中国に対しても、日本の扉は常に開かれていると申し上げたいと思うところです。

今朝、防衛大学の卒業式に出席し、総理大臣として訓示をいたしました。
凜とした卒業生の諸君の姿に接し、私は自衛隊の最高指揮官として誇りに思いました。
私も彼らと同じように、彼女たちと同じように、背筋を伸ばし、顔を上げ、
日本人としての誇りを胸に、日本人の生命と財産、領土そして美しい海を
断固として守るこの決意を新たにした次第です。

一昨日、私はTPP交渉に参加する決断をしました。
今まさにアジア太平洋地域に大きな経済圏が誕生しようとしています。
日本はその中で主導的役割を担うべきだ、そう考えました。
さらにおそらく多くのアジアの国々が参加することでしょう。
同時にTPPからさらにRCEP、FTAAP、さらに大きな経済圏が
誕生していきます。間違いなくTPPで決めたルールが基になるはずであります。
今、世界は開放経済に大きく舵を取っている。この中で日本が取り残されることが
あってはなりません。まさに国家百年の計であります。
同盟国の米国と共にルール作りに参加するべきだと私は判断しました。
あの時の判断は間違っていなかった、そう思っていただけるような強い交渉力を
持って国益を守ってまいります。

国益とは何でしょうか。まさに麗しい日本の国柄です。
私が初めて選挙に立候補した20年前、街宣車で農村地帯を走っていると、
田んぼから大きく手を振る農家の人がおられた。
そして、畦道を走って来て、車から降りた私の手を、農作業で指の欠けた
ゴツゴツした手でしっかり握って「応援しとるけん、ふるさとを守っておくれよ」と
言って、もう一度強く手を握った、その時のことを私は決して忘れません。
そういう方々の応援があったからこそ、私は今ここに自民党総裁として立っています。
必ず私は日本の農業を、食を守ってまいります。どうか私を信頼していただきたい。
信じていただきたいと思います。

日本は古来より、朝早く起きて、額に汗して田畑を耕し、水を分かち合い、
そしてご皇室と共に五穀豊穣を祈ってきました。それが日本です。
もし病気になって畑仕事できなくなった人がいれば、困った人が出れば、
皆でお米を持ち寄った。助け合った。それが日本です。
この中から育まれたのが国民皆保険制度と言ってもいいでしょう。
麗しいこの農村風景を、国民皆保険制度は断固として守ってまいります。
私は強欲を原動力とする市場主義経済の道をとってはならないと思います。
日本は瑞穂の国です。道義を重んじ、真の豊かさを知る市場主義経済を目指して
まいります。そのことをお誓い申し上げる次第です。

今年の3月、あの東日本大震災から2年が過ぎ、3年目を迎えました。
東北の復興なくして日本の再生はない。これは私の信念であります。
必ず東北の復興を加速させてまいります。あの大震災はつらい経験でありました。
同時に様々なことを学びました。
損得を超えた価値があるんだということも学びました。
それは例えば家族の価値であり、尊いかけがえのないふるさとを守る価値で
あります。また、私たちは海外でたくさんの人たちが日本を愛し、
そして海外から多くの人たちがやってきて日本を助けてくれた。
日本が大好きな人たちがたくさんいることを知りました。

私は1月にインドネシアを訪問しました。その際、ジャカルタに日本語を学び、
日本のことが大好きな若い人たちがたくさんいることを知りました。
彼らはあの大災害で苦しむ日本の姿を見て、自分たちに何かできることがないか、
そう考えました。そこで彼らは日本語で歌を作り、それを歌って日本に送って
くれました。私はそのビデオを見て、涙が出るほど嬉しかった。感動いたしました。
皆さんにもその思いを共感していただきたいと思います。
今、そのビデオの一部を上映させていただきたいので、一緒にご覧ください。

 ~ビデオ上映~

「桜よ、咲き誇れ。日本の真ん中で咲き誇れ。日本よ、咲き誇れ。世界の真ん中で
咲き誇れ」、このアジアの若者の声に自由民主党こそ応えていくべきであります。
皆さん。世界の真ん中で、世界の真ん中で、日本という国を咲かそうでは
ありませんか。
そのためにも来るべき参議院選挙、負けるわけにはいきません。
この選挙、皆さまと共に勝ち抜いて、誇りある国、日本を取り戻してまいります。
先頭に立って戦い抜くことを、お誓いいたしまして、自由民主党総裁としての
ご挨拶とさせていただきたいと思います。どうぞ皆さまよろしくお願い申し上げます。
ありがとうございました。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
■石破茂演説<全文>

皆さま、長時間にわたり、誠にありがとうございます。
震災・大津波・原発事故から丸2年ということになりました。
先日も国立劇場で、天皇皇后両陛下ご臨席の下、追悼式典が執り行われました。
昨年震災1周年、やはり両陛下ご臨席で私ども野党でありました。
民主党政権でありました。3人の遺族代表の方が、ご挨拶を述べられました。
岩手の高齢の男性の方、震災の2週間前に、皆の宝物であった4歳の孫の誕生祝いを
やった。
小さいけれど、ささやかだけれど、この世の中には幸せというものがあるのだ。
そう思ってしみじみと嬉しかった。その全てはなくなった。
孫もいなくなり、家もなくなり、家族もいなくなった。世の中に、神も仏もあるものか。
そういうお話でした。
2人目は石巻の女性の方でありました。両親も亡くなった。息子も娘も死んで
しまった。がれきの山と化した自分の街を見て、地獄はここだと思った。
3人目は、福島の中学生の女性の方でありました。津波が来るぞと言うので、
一目散に走って逃げた。安全な所にようやくたどり着いて、向こうから車が来て、
止まって、窓が開いた。お父さんだった。「みんな無事か。俺は消防団員だ。
これから現場に向かうぞ」、お父さんを見たのは、これが最後だった。
冷たくなって、お父さんは帰ってきて、皆のために働くのが好きだったお父さん。
もう遊んでくれないお父さんと思うと涙が出て止まらなかった。
3人が3人ともおっしゃっておられた。泣いても悲しんでも誰も喜ばない。
明るく生きるしかない。見つけてくれたお父さん、お母さん、お孫さん、息子さん、
娘さん、お嫁さん、自衛官の皆さん、消防官の皆さん、警察官の皆さん、
本当にありがとう。世界の皆さん、日本中の皆さん、本当にありがとう。
1年前のことであります。そうやってじっと耐えている人たちが今もおられる。
私は本当に今、政権にないことの悲しさや悔しさを、1年前にしみじみと思った
ことでございました。

私どもは、なぜ政権を失ったのか。
反省のないところに前進は決してないのであって、自由民主党はこの3年間に
何がどう変わったのかということが問われています。先程申し上げたように、
小選挙区においては、43%の得票で79%の議席を我々は得ております。
ありがたいことに、安倍内閣は70%を超える支持を頂戴するに至りました。
支持率が上がれば上がるほど、我々は謙虚でなければならないでしょう。
支持率が上がれば上がるほど、丁寧でなければならないでしょう。
私どもは、昨年の総選挙を、この上ない緊張感と、この上ない国家に対する使命感と、
国家に対する責任感を持って戦いました。
安倍総裁から、一人一人の候補者、一人一人の運動員の方に至るまで、
自由民主党は一分の隙もなく、この上ない緊張感を持って戦っている。
それが有権者の方々の心に届いたとすれば、ありがたいことであります。

来たる都議会議員選挙、そして参議院選挙、これに我々はどうしても勝たねば
ならない。ここ数回、衆議院においては、大勝した後、惨敗する。
大勝した後、惨敗するということを2回繰り返してまいりました。
郵政選挙で大勝した自由民主党は、その後惨敗いたしました。
政権交代選挙で大勝した民主党は、今や見る影もないのであります。
もう一度、それは繰り返されるのだろうか。
世に言う「お灸をすえる」ということがもう一度あってはならない。
私は総裁とご相談の下、昨年の総選挙の投票日、投票終了と同時に、
党本部に「参議院議員任期満了まであと何日」、そういう掲示を掲げました。
そして、全ての衆議院の候補者たちに選挙はこれで終わったのではない。
来年の参議院選挙、すなわち今年の参議院選挙、それをもって我々の選挙は
終わるのである。政権奪回は参議院選挙の勝利を持って、
初めて完成するのである。そのような通知を出させていただきました。

皆さま方から、心からお願い申し上げます。
総選挙において、我々の候補者が頂いた票、それを全て我が参議院の候補者に
集めていただきたいのであります。
それをさらに上回る票を集めていただきたいのであります。全ての衆議院議員は、
人の選挙だと思わず、自分の頂いた得票を参議院の候補者に集めていただか
なければなりません。人の選挙だ、そのような意識を持ってはなりません。
人のために一生懸命やらない者は、誰も自分のために一生懸命やってくれない。
そのことを知るべきであります。

そして政治の使命は、先輩から教わりました。「勇気と真心を持って、
真実を語ることである。真実を見極める真摯さを持て。それを語る勇気を持て。
それをわかっていただける真心を持て」、私は議員になる前に、先輩から
そのように教わりました。
議歴を経れば経る程、いかに難しいことを先輩はおっしゃったか。
渡辺美智雄先生であります。真実を語る、その真実を探求する真摯さを、
我々自由民主党は持たねばなりません。それを語る勇気を持たねばなりません。

経済政策にしても、外交・安全保障政策にしても、農業政策にしても、
商工政策にしても、国民を信じて語る自由民主党でありたいと思います。
政治不信ということが言われます。国民は政治を確かに信じていないのかも
しれません。では、我々政治の側は、本当に国民を信じているのか。
こんなことを言えば、票が減るのではないか。
こんなことを言えば、嫌われるのではないか。こんなことを言えば、
選挙に負けるのではないか。そういう思いで、真実を語らないとすれば、
それは国民を信じていることにはならないと私は思います。
国民を信じない政党が、国民を信じない政治家が、国民から信用されるはずは
ないのである。

TPPにしてもそうです。我々は断固として守るべきものは守るのであります。
私どもはその力を持たねばなりません。
公約を守らなかった政党がどうなるか。党内で異論が続出し、総理・総裁の足を
引っ張る政党がどうなるのか。我々は見てきたはずです。
我々は取るべきものは取らねばなりません。守るべきものを守らなければ
なりません。農業、農村はさらに豊かにならなければなりません。
農業のために、全身全霊をかけて働く人が豊かにならないで、
どうして後継者がいるはずがあるのか。ここ数年、農業の生産額は下がり、
農地は減少し、そして農業の高齢化が止まらないのは、我々が負うべき責任で
あります。
私たちは勇気を持って、真実を語りましょう。そして、日本国が、都市が、
農業が、農村が必ず再生されるために、国民を信じて語った時に、
初めて国民はわが自由民主党を信じてくださる。そのように私は考えております。

自由民主党は、安倍総理・総裁の下、総理・総裁から一人一人の候補者、
一人一人の運動員に至るまで、一分の隙もなく、日本国に対する最大の忠誠心を
持って、国家国民のために奉仕する自由民主党。
もう他党との比較の問題ではありません。他党に比べればマシだ。
そのようなことで自由民主党を選んでいただくのではありません。
駄目比べで勝っても仕方がないのであって、もはや自由民主党がどこの党の追随も
許さず、見識において、勇気において、立ち振る舞いにおいて、この党しかない。
国民政党としての自由民主党として、国家国民のために奉仕すべく、
都議会議員選挙、参議院選挙に何が何でも勝利をいたしたいと存じます。
党として、地域において、全身全霊で必死に頑張る。
そういう自由民主党、見捨てることは決してございません。
この国の中で地域によっては、本当につらい思いをしておられる地域があることを
よく承知をいたしております。東北がそうでしょう。中京圏がそうでしょう。
関西圏がそうでしょう。党本部として、全身全霊を挙げて支えてまいります。
共に泣き、共に笑い、そういう自由民主党でありたいと思っております。
全身全霊をもって、参議院選挙必ず勝利をいたしましょう。
同志諸君の心からのご賛同をお願いして、ご挨拶を終わります。

[3月17日 東京・グランドプリンスホテル新高輪]

◆党大会特設ページはコチラ→
 http://www.jimin.jp/aboutus/convention/index.html 

============================================================================
★報告★「自民党屋台村」募金にご協力ありがとうございました     
============================================================================
党大会前日の16日11時30分から自民党本部駐車場で開催した
「自民党屋台村」では、当日開催された女性局・青年局の全国大会にご出席の
各都道府県連の皆様や、政策セミナー「2020年東京オリンピック・パラリン
ピックを実現しよう」にご参加頂いた多くの皆様から、「東日本大震災復興支援募金」
にご協力をいただきました。ご協力いただいた皆様からの募金は、
総額で55,132円となりました。「自民党屋台村」の開催時間はわずか
1時間でしたが、短時間にもかかわらず、多くのご厚意をお寄せいただきました
ことに、改めまして御礼申し上げます。
お預かりした募金は全額、3月21日に日本赤十字社へ送金いたしました。
皆様のご協力に御礼を申し上げ、ご報告とさせていただきます。

============================================================================
   ★Nパケコラム★     
============================================================================
「インターネット選挙解禁!!」

この夏の参議院選挙からインターネットによる選挙運動を解禁する
公職選挙法改正案が提出されました。
この法案が成立したら、選挙期間中でもホームページなどを利用した選挙運動が
できるようになります。
すでに欧米などでは一般的ですが、我が国の現在の公職選挙法では、
選挙期間中は全く更新できませんでした。
私自身も、選挙直前まで更新して、「あとは選挙後にお会いしましょう。」という
記述をして、選挙後に、「また久しぶりにお会いしましたね。」と、
ホントに久しぶりに選挙期間中の長いインターバルを経て更新するわけです。
まるで、七夕みたいで、このネット社会において選挙運動期間中は
全く情報発信することができないことはまだ旧態依然の昔ばなしのようです。
毎日更新してた政治実感日誌も残念ながら更新できませんでした。
毎日日誌を見てはコメントを寄せていただいてた方々もおり、歯がゆい気持ちで
選挙期間中過ごしたものでした。
更に言えば、インターネットを利用する場合は、お金をかけずに情報を発信する事が
出来ますので、「お金のかからない選挙」の理念にも合致します。
勿論、なりすましなどの対策も必要ですし、デジタルデバイド対策も必要ですが、
これはおよそ全てのインターネット利用に共通する問題であり、
乗り越えられないものではありません。
選挙への投票の呼びかけも可能になりますので、これによって投票率向上も
期待できます。選挙運動がずいぶん変わってきそうですね。


         ◆内閣府副大臣・復興副大臣 寺田 稔◆
          http://www.teradaminoru.com/index.php

============================================================================
   ★JIMINインフォメーション★ 
============================================================================
■東京都連「TOKYO自民党政経塾『第8期生』募集」(4/15締切)
 → http://www.tokyo-jimin.jp/seikei/
■「学生部新歓イベント参加者募集」(4/23締切)
 → http://www.tokyo-jimin.jp/students/
■中央政治大学院「まなびとプロジェクト第8期募集」
 → https://ssl.jimin.jp/m/manabito-project_eight_student   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行&編集■自由民主党広報本部ネットメディア局
『News Packet』編集部
〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23
URL:http://www.jimin.jp/
Copyright(C)2013 自由民主党本部

・『NEWS PACKET』に掲載された情報を許可なく転載することを禁じます。
・今後配信を希望されない方、メールアドレスの変更をご希望の方、
 特に携帯電話のメールアドレスを変更された方は
 こちらから変更をお願いします。
 http://www.jimin.jp/involved/mailmagazine/index.html

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ