ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー メールマガジン

メールマガジン 2012.9.14 Vol.564

┌───┐日本を、取り戻す。
│\_/│JIMIN News Packet=3
└───┘2012.9.14 Vol.564


       【日本を、取り戻す。自民党総裁選9月26日開票】

 
 わが党の総裁選が9月14日告示され、安倍晋三、石破茂、町村信孝、
 石原伸晃、林芳正の5氏が立候補しました(届け出順)。
 民主党政権はこの3年間、内政・外交両面で数々の国益を損ない続けてきました。
 わが国が置かれた状況はますます厳しさを増しており、一刻も早い国家の
 立て直しに迫られています。
 わが党は〝日本を取り戻す"ため、この総裁選で選出される新総裁のもとに
 一致結束し、来るべき総選挙で勝利、政権奪還を果たす決意です。


        <総裁選関連スケジュール(9/14現在)>


●14日(金)告示・候補者届出
   9:30~10:00   候補者届け出(党本部)
   11:00~       所見発表演説会(党本部)
   14:00~      候補者共同記者会見(党本部)

  ●15日(土)
     13:00~      日本記者クラブ主催 公開討論会
     16:00~      街頭演説会(東京・有楽町イトシア前) 

  ●16日(日)  
     15:00~      街頭演説会(長野・JR長野駅西口)

  ●17日(月)
     10:00~      街頭演説会(愛知・JR豊橋駅東口)
     13:00~      街頭演説会(愛知・JR名古屋駅高島屋前)
     15:25~      街頭演説会(滋賀・大津パルコ前)
     18:00~      街頭演説会(大阪・難波高島屋前)
  
  ●18日(火)
     10:50~      街頭演説会(兵庫・神戸大丸百貨店西口前)
     14:10~      街頭演説会(広島・JR福山駅南口釣り人像前)
     17:00~      街頭演説会(香川・丸亀市民広場)

  ●19日(水)
     10:30~      日本外国特派員協会主催記者会見
(有楽町電気ビル)
     14:00~      青年局・女性局主催 公開討論会(党本部)

  ●21日(金)  
     11:00~      街頭演説会(沖縄・パレット久茂地前)
     16:10~      街頭演説会(福岡・天神ツインビル前)

  ●22日(土)
     10:50~      演説会(岩手・ホテルメトロポリタン盛岡)
     14:30~      街頭演説会
                  (宮城・東二番丁藤崎ファーストタワー館前)
     16:50~      街頭演説会(福島・AXCビル前)

  ●23日(日)        
     13:00~      街頭演説会(千葉・JR市川駅北口)
     17:00~      街頭演説会(山梨・JR甲府駅信玄公前)

  ●24日(月)
     12:00~      演説会(北海道・函館国際ホテル)
     16:00~      街頭演説会(北海道・大通り公園西3丁目)

  ●9月25日(火)       党員投票締切日
     時間未定        街頭演説会(東京・場所未定)

  ●9月26日(水)
     13:00~      議員投票の投開票(党本部)
                党員投票の開票(党本部)
      開票終了後       党大会に代わる両院議員総会(党本部)


============================================================================
            ★NEWSクローズアップ★
 「政権奪還への一歩」大野功統 総裁選挙管理委員長に聞く     
============================================================================
今回の総裁選は衆院選を控えており、政権奪還を目指すわが党にとって党員・党友
だけでなく、多くの国民にわが党の政権担当能力を示す重要な選挙になります。
大野功統総裁選挙管理委員長に運営方針などについて聞きました。

■被災地3県で特例措置を実施

―今回の総裁選の意義は。

【大野功統委員長】
3年前に野党になって以来、2回目の総裁選ですが、今回は解散・総選挙を「近い
うちに」控えており、政権奪還を目指すわが党にとって、立党以来最も重要な選挙に
なると思います。
この3年間、民主党の相次ぐ失政によって、民主党に政権担当能力がないことは
多くの国民が気づいていますが、一方、わが党の支持率が十分回復しているという
わけではありません。総裁選を通じて国民に政権担当能力を示し、何としても
政権奪還を果たさなければなりません。

―運営方針は。

【大野功統委員長】
公平・公正な選挙を行うことはもちろんですが、少しでも多くの方に参加して
いただくため、党員投票の選挙権について工夫しました。
通常の規程では「前2年の党費・会費を納入した党員・党友」と定めていますが、
今回は特例として、23年または24年8月31日までに新規党員・党友になられた
方にも投票していただくことにしました。
選管の初会合で議論になったのが、東日本大震災で特に甚大な被害を受けた岩手県、
宮城県、福島県の方々の対応をどうするかということでした。
被災地3県には22年に党費を納めていただいたものの、地震が発生した23年に
納められなかった方が多くいらっしゃいます。
こうした方々の選挙権については、特例として県連選管を通じて党本部選管が
了承することとしました。
この特例の対象になるのは、津波による被害を受けた沿岸の市町村に在住していた
方と、東京電力福島第一原子力発電所事故で計画的避難区域ならびに警戒区域に
住んでいた方としました。
また、総裁選を盛り上げるためにも、全国遊説を積極的に展開し、
多くの国民の皆さんに候補者の訴えを直接聞いていただきたいと思います。
詳細については今後、各都道府県連と調整していくことになりますが、
全国11ブロックで1カ所ずつは行いたいと考えています。

■真っ向からの論戦通じ政権担当能力を示す

―候補者にはどのような政策論争を望みますか。

【大野功統委員長】
冒頭でもお話ししましたが、総選挙を控えていますから、政権を奪還したら、
わが党はこの国をどう立て直すのか、堂々と真っ向から論戦を繰り広げてもらいたい
と思います。
ワークスタイルやライフスタイルが変わって、わが国には少子高齢化や不正規労働、
核家族化の問題。さらには社会保障、地域の活性化など多くの政策課題が山積して
います。こうした問題にどう対処し、国民生活をどう安定させ、希望の持てる未来を
つくっていくか―。
候補者の真剣な議論を通じて、「政権を任せるのはやっぱり自民党しかない」との
信頼感が高まればと期待しています。

■候補者を自分の目で政見を自分の耳で

―総裁選に投票する全国の党員・党友へのメッセージを。

【大野功統委員長】
わが党はいま政権奪還に向けて、党員・党友一丸となって戦わなければならない
重要な時期を迎えています。
そのリーダーを選ぶわけですから、ぜひ候補者を自分の目で見て、政見を自分の耳で
聞いて下さい。そして自分の手で総裁をつくってもらいたいと思います。
また、前回と同様、党員票の比重が大きいので、皆さんの一票一票が総裁選の結果に
大きく左右します。われわれも投票啓発に全力を尽くしてまいりますが、
くれぐれも棄権せずに貴重な一票を投じていただきたいと思います。

[機関紙『自由民主』第2525号より掲載]

============================================================================
     ★Nパケコラム★    
============================================================================
「4年ぶりの日朝協議再開について---一日も早い拉致問題解決を望む!」

北京で4年ぶりとなる日朝協議が再開されました。もちろん金正恩第1書記が指導者
となってから初めての日朝協議で、金正恩第1書記としても外交の試金石として重要
な協議と位置付けていることがわかります。

【北朝鮮の思惑】
当然この協議は、拉致問題などを抱える日本側から働きかけて再開すべきだったの
に、現実は北朝鮮からのアプローチにより再開されたものでした。北朝鮮側として
は、日朝協議進展をテコに経済制裁解除ないし緩和を勝ち取りたい訳で、もしそのこ
とが実現すれば金正恩体制の基盤強化に繋がります。

【政権与党の対応】
北朝鮮からは、昨年から日本人戦没者遺骨問題解決についてアプローチがあったの
に、ようやく8月29日になって実現しました。再開までにあまりにも時間がかかり
すぎです。
拉致問題解決のためにも、もっと日本がイニシアチブを発揮すべきです。
折角4年前に当時の福田総理が、拉致問題の再調査を引き出しても、政権交代後今日
に至るまで日本側から北朝鮮に強く日朝協議再開を働きかけた形跡は残念ながら全く
ありません。

【今回の日朝協議について】
今回の協議も、北朝鮮側から自民党議員などを通じて日本人遺骨収集の交渉開始意向
が示され、外務省の課長級交渉に至ったものです。
日本側は、局長級の本協議の実現を望んだにもかかわらず、課長級となり、予備協議
と位置付けられました。

【拉致問題解決へ向けて】
今年は日朝首脳会談から丸10年で、拉致被害者の早期救出を求める署名活動も行わ
れています。
拉致被害者の家族の方々も、今回の協議に対して、北朝鮮が新しい指導者に変わった
チャンスを生かして強い姿勢で交渉に臨んで欲しいと切望しています。拉致被害者家
族も高齢化しており、一日も早い拉致被害者の救出を果たさなければなりません。
今回の協議を、遺骨収集の交渉のみならず、当然拉致再調査を実現し、拉致問題解決
の糸口を探り、拉致問題の全面的解決につなげるべきです。

         ◆広島県第5選挙区支部長 寺田 稔◆
         http://www.teradaminoru.com/index.php

============================================================================
           ★JIMINインフォメーション★
============================================================================
■香川県連「香川県第3選挙区支部長公募」【9/23締切】
 → http://www.jimin-kagawa.jp/infokagawa/2410
■岐阜県連「第23回参院選候補予定者公募」【9/28締切】※締切延長
 → http://jimin-gifu.jp/collectionlaw/
■長崎県連「第23回参院選候補予定者公募」【9/30締切】
 → http://www.jimin-nagasaki.jp/special03.html
■鹿児島県連「第23回参院選候補予定者公募」【9/30締切】
 → http://kagoshima-jimin.jp/info/533/
■石川県連「第23回参院選候補予定者公募」【9/30締切】
 → http://www.hokuriku-web.jp/jf-isikw/hfc_candidate/index.html  
■山形県連「第23回参院選候補予定者公募」【10/31締切】
 → http://jimin-yamagata.com/
■「HOKKAIDO政治塾」第4期生募集中【11/1締切】
 → http://www.jimin-douren.co.jp/banner/120717/annai_web.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行&編集■自由民主党広報本部ネットメディア局
『News Packet』編集部
〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23
URL:http://www.jimin.jp/
Copyright(C)2012 自由民主党本部

・『NEWS PACKET』に掲載された情報を許可なく転載することを禁じます。
・今後配信を希望されない方、メールアドレスの変更をご希望の方、
 特に携帯電話のメールアドレスを変更された方は
 こちらから変更をお願いします。
 http://www.jimin.jp/involved/mailmagazine/index.html

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ