ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー メールマガジン

メールマガジン 2012.8.3 Vol.559

┌───┐絆 がんばろう日本!
│\_/│JIMIN News Packet=3
└───┘2012.8.3 Vol.559


   【谷垣総裁・今週の発言】税と社会保障の一体改革について
 
■今、参議院で審議中の税と社会保障の一体改革についてですが、われわれは
 3党合意に基づいて参議院での審議を積極的に真摯に進めてきたわけであります。
 そこで公聴会もセットができましたし、審議時間も積み上がってまいりましたので、
 8日に採決をしたらどうだという、われわれの提案に対して、民主党は20日の
 採決を提示する。採決の引き延ばしを画策しているとしか思えないんですね。
 今まで与党がこういう行動を取ったことがあるのかと、私は甚だ不思議に思います。
 3党合意を本当に真摯に実施していくのに、今の民主党政権の体制で出来るのか
 どうか。私は大変深刻な矛盾を感じているということを申し上げたいと思います。

[8月2日 党本部・平河クラブ会見場]


     【お知らせ】女性局「子供を虐待から守る日」街頭活動

    ○日時   8月8日(水)16:00~17:00(予定)
    ○場所   東急田園都市線「二子玉川駅」周辺(予定)
    ○参加役員 谷垣禎一総裁、党女性局役員、党女性局国会議員、
           東京都連女性部員 ほか

**INDEX********************************************************************
 ★NEWSクローズアップ★
   芯の強い外交を取り戻す 小野寺五典SC外務大臣に聞く 
 ★政策トピックス★ 
  「衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を
緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の
一部を改正する法律案」要綱       
 ★Nパケコラム★ 頭師暢秀 兵庫県第11選挙区支部長      
 ★JIMINインフォメーション★ 候補者公募(香川・岐阜・栃木)-ほか

============================================================================
            ★NEWSクローズアップ★
芯の強い外交を取り戻す 小野寺五典SC外務大臣に聞く     
============================================================================
【日米同盟を基軸として領土をしっかりと守る】

政権交代以降、日米関係は脆弱化し、その間隙を狙ったかのようにロシア、中国、
韓国は領土問題で強硬な姿勢に出ています。このような状況をもたらしたのは、
民主党外交にほかなりません。わが党はこの状況をどう立て直すのか―。
外交部会長でシャドウ・キャビネット(SC)の外務大臣を務める小野寺五典衆院
議員に聞きました。

■わが国の基本的スタンス明確に

―わが党は日本外交をどう立て直しますか。

【小野寺SC外務大臣】
まず、基本的な外交スタンスを総理から対外的に発信するところからスタート
します。基本的なスタンスとは何か。
それは日米同盟を基軸とし、沖縄が東アジアの安全保障にとって重要な位置を
占めるということです。
また、近隣諸国との経済的・文化的な交流は進めていくけども、
領土問題についてはしっかり守っていくという決意を内外に示します。
外交は「ぶれる」というのが一番いけません。「日本はこういう外交だから、
ここまでやったら大変なことになるぞ」という距離感を対外的に明確に示すことが
大切です。でないと、日本は何を考えているか分からないから、
とりあえず尖閣のそばまで行ってみようとか、北方領土に入ってみようとか、
ということになるのです。

―現在の日米関係の状況をどうみますか。

【小野寺SC外務大臣】
オバマ大統領が最初にホワイトハウスに呼んだ首脳は麻生太郎総理でした。
クリントン国務長官が初めてアジアを訪問したのは日本でした。
このくらい米国は麻生政権に期待し、日米関係を強化しようというのが
オバマ政権のスタートでした。
ところが民主党政権に代わって、ワシントンでは日本よりも韓国の方が外交の
パートナーとして信頼できる。これが通説になってしまいました。
ここまで日本の外交力が落ちてしまったということです。

■政権浮揚目的の尖閣購入に危惧 政権奪還でパフォーマンス外交に終止符

―一方、対中外交では東京都の尖閣諸島購入計画について「日中関係に極めて
深刻な危機をもたらす」と発言した丹羽宇一郎中国大使を急きょ召還し、
翌日に帰任させました。

【小野寺SC外務大臣】
同大使の発言はまさしく国益を著しく損ねる発言です。
主要国の大使が帰国した場合国会で報告をするル―ルがありますが、
玄葉光一郎外務大臣は7月の連休中にこれを行いました。国会に呼ばれないように
こうした日程にしたと思われても仕方ありません。
こんな隠蔽体質では誰も日本外交を評価しません。

―政府は唐突に尖閣諸島購入の方針を打ち出していますが、わが党はこれを
どう見ていますか。

【小野寺SC外務大臣】
東京都が先行して地権者と交渉をやっているわけですから、生煮えの段階で
尖閣の国有化を打ち上げれば、かえっておかしな方向にいくのではないかと
危惧しています。野田政権がやっているのは政権浮揚のためのパフォーマンス
なのではないかとの疑念を払拭することはできません。
また、野田佳彦総理が東京五輪誘致のためにロンドン五輪の開会式に出席すると
いう話がありましたが、これも同じです。

―わが党は外交問題について政権交代後も民主党政権に様々なアドバイスを
してきました。

【小野寺SC外務大臣】
その通りです。しかし、民主党政権は聞く耳を持ちませんでした。
たとえば、一昨年11月のロシアのメドベージェフ大統領(当時)の国後島訪問
問題では、わが党は事前にその情報をキャッチし、政府に警告し続けましたが、
なにも対応しませんでした。ところが問題が起きた後は現場に責任を押し付け、
当時のロシア大使を更迭しました。あいた口がふさがりません。
早く民主党政権に終止符を打ち、ダメなものはダメとはっきり言える、
芯の強い外交を取り戻さなければなりません。

[機関紙『自由民主』第2519号より掲載]

============================================================================
     ★政策トピックス★
「衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための 
公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律案」要綱      
============================================================================
【第1】趣旨[緊急是正法第1条関係]
この法律は、衆議院の小選挙区をめぐる現状に鑑み、平成22年の国勢調査の結果に
基づく衆議院の小選挙区の改定案(以下「今次の改定案」という。)の作成に当たり、
各小選挙区間における人口較差を緊急に是正するため、公職選挙法(昭和25年法律
第100号)及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法(平成6年法律第3号)の一部
改正について定めるものとする。

【第2】公職選挙法の一部改正[緊急是正法第2条関係]
<1>衆議院の定数の削減                
衆議院の定数を475人(現行480人)とし、小選挙区選出議員を295人
(現行300人)とする。          (公職選挙法第4条第1項関係)
<2>衆議院の小選挙区
衆議院の小選挙区は、別に法律で定める。   (公職選挙法第13条第1項関係)

【第3】衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部改正[緊急是正法第3条関係]
各都道府県の区域内の衆議院の小選挙区の数について、いわゆる「1人別枠方式」を
廃止する。              (選挙区画定審議会法第3条第2項関係)

【第4】今次の改定案の作成基準、勧告期限等の特例[緊急是正法附則関係]
<1>衆議院議員選挙区画定審議会(以下「審議会」という。)の行う今次の
改定案の作成に当たっては、各都道府県の区域内の衆議院の小選挙区は、別表で
定める数とする。
<2>審議会の行う今次の改定案の作成は、次に掲げる基準によって行わなければ
ならない。
 (1)各小選挙区の人口は、人口の最も少ない都道府県の区域内における人口の
    最も少ない小選挙区の人口以上であって、かつ、当該人口の2倍未満で
    あること。
 (2)小選挙区の改定案の作成は、次に掲げる小選挙区についてのみ行うこと。
    この場合において、当該都道府県の区域内の各小選挙区の人口の均衡を
    図り(イの小選挙区の改定案の作成の場合に限る。)、行政区画、地勢、
    交通等の事情を総合的に考慮して合理的に行うこと。

    イ (1)の都道府県の区域内の小選挙区
    ロ  小選挙区の数が減少することとなる都道府県の区域内の小選挙区
    ハ (1)の基準に適合しない小選挙区
    二  ハの小選挙区を(1)の基準に適合させるために必要な範囲で行う 
       改定に伴い改定するべきこととなる小選挙区

 (3)審議会の行う今次の改定案に係る勧告は、この法律の施行の日から6月
    以内においてできるだけ速やかに行うものとする。
 (4)政府は、今次の改定案に係る勧告があったときは、当該勧告に基づき、
    速やかに、法制上の措置を講ずるものとする。

【第5】施行期日等[緊急是正法附則関係]
<1>この法律は、公布の日から施行する。ただし、第2(公職選挙法の一部改正)
は、第2の2に規定する法律の施行の日から施行する。
<2>その他所要の規定の整備を行う。

【別表】[緊急是正法附則関係]
(都道府県)小選挙区の数

   北海道  12    石川県   3    岡山県   5
   青森県   4    福井県   2    広島県   7
   岩手県   4    山梨県   2    山口県   4
   宮城県   6    長野県   5    徳島県   2
   秋田県   3    岐阜県   5    香川県   3
   山形県   3    静岡県   8    愛媛県   4
   福島県   5    愛知県  15    高知県   2
   茨城県   7    三重県   5    福岡県  11
   栃木県   5    滋賀県   4    佐賀県   2
   群馬県   5    京都府   6    長崎県   4
   埼玉県  15    大阪府  19    熊本県   4
   千葉県  13    兵庫県  12    大分県   3
   東京都  25    奈良県   4    宮崎県   3
   神奈川県 18    和歌山県  3    鹿児島県  5
   新潟県   6    鳥取県   2    沖縄県   4
   富山県   3    島根県   2


============================================================================
     ★Nパケコラム★    
============================================================================
「敬称をかんがえる」

支部長を拝命してからというもの、周囲に変化を感じています。
「頭師さん」と呼んでいた人達のなかに「頭師先生」と呼ぶ人が現れました。
私は、流通科学大学の教員でもあるので、支部長になる以前から「先生」のはずなの
です。この変化には違和感を覚えます。
いつの頃からか、政治家を先生と呼ぶ慣習ができているようですが、
原点に立ち返ってみましょう。そもそも衆議院とは何でしょうか。
現日本国憲法の是非の論議はここでは別にしますが、第43条は、「(両議院は)
国民を代表する選挙された議員でこれを組織する」としています。
つまり、特定の人々を代表するのではなく、国民全体を代表するのが衆議院議員
なのです。ここには何かを教授されるといった垂直的な意味合いはないはずです。
もし、私の挑戦を小馬鹿にする意味で「先生」と呼び始めたのであれば、
それは政治不信の裏返しです。
もう一度、あの人に「頭師さん」と呼ばれる日を楽しみに、信頼される政治家を
目指します。
 
        ◆兵庫県第11選挙区支部長 頭師暢秀◆
        http://ja-jp.facebook.com/nobuhide.zushi

============================================================================
           ★JIMINインフォメーション★
============================================================================
■香川県連「香川県第2選挙区支部長公募」【8/5締切】
 → http://www.jimin-kagawa.jp/infokagawa/2205
■香川県連「第23回参院選候補予定者公募」【8/5締切】
 → http://www.jimin-kagawa.jp/infokagawa/2219
■岐阜県連「第23回参院選候補予定者公募」【8/31締切】
 → http://jimin-gifu.jp/collectionlaw/
■栃木県連「第23回参院選候補予定者公募」【8/31締切】
 → http://www.tochigi-jimin.com/irregular/24sangi_kouho_bosyu.html
■「かながわ政治大学校」第14期生募集中【8/3締切】
 → http://www.kanagawa-jimin.jp/k-daigaku/index.html
■「HOKKAIDO政治塾」第4期生募集中【11/1締切】
 → http://www.jimin-douren.co.jp/banner/120717/annai_web.pdf
■青年局「学生弁論甲子園」出場弁士募集中
 → http://youth.jimin.jp/activity/oratorical/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行&編集■自由民主党広報本部ネットメディア局
『News Packet』編集部
〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23
URL:http://www.jimin.jp/
Copyright(C)2012 自由民主党本部

・『NEWS PACKET』に掲載された情報を許可なく転載することを禁じます。
・今後配信を希望されない方、メールアドレスの変更をご希望の方、
 特に携帯電話のメールアドレスを変更された方は
 こちらから変更をお願いします。
 http://www.jimin.jp/involved/mailmagazine/index.html

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ