ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー メールマガジン

メールマガジン 2011.2.25 Vol.491

┌───┐決める。進める。
│\_/│JIMIN News Packet=3
└───┘2011.2.25 Vol.491


■森英介組織運動本部長が民主外交の無策を批判~「竹島の日」記念式典~

 「竹島の日」記念式典が22日、松江市内で開催されました。
 わが党から森英介組織運動本部長、新藤義孝領土に関する特命委員会委員長代理、
 古川禎久青年局長、地元選出の細田博之衆院議員ら10人が出席しました。
 一昨年の政権交代以降、漂流する民主党外交の足元を見透かしたかのように、
 韓国は、竹島付近の海洋科学基地の建設工事に着工し、漁業者の宿泊所の拡張
 工事を進めています。森組織運動本部長は「民主党政権は何ら措置を講じない
 ばかりか、事実さえ公表していない。無反応を決め込む民主党政権から送られる
 誤ったメッセージは一刻も早く止めなければならない」と批判。民主党外交の
 無策ぶりを痛烈に批判しました。
 

   ■統一地方選挙候補者情報
    → http://www.jimin.jp/2011/local/index.html
   □民主党の暴走を止めろ!!情報募集!
    → boomin@mail.jimin.jp
   ■こんな"規制"は要らない。~あなたも規制仕分けにご協力下さい!~
    → https://youth.jimin.or.jp/cgi-bin/kisei/form.pl
   □党役員のテレビ・ラジオ番組出演情報
    → http://www.jimin.jp/jimin/info/tv/index.html
  
***INDEX********************************************************************
 (1) 【ニュース】谷垣禎一総裁「政権の正当性なし」と解散を迫る~党首討論~
 (2) 【ニュース】ニュージーランド地震邦人被害者救出対策本部を設置
 (3) 【特集】民主党予算を斬る「公共事業」
           ~山本公一SC国土交通大臣に聞く~
 (4) 【PR】日本でいちばん最初の政党facebookページがスタート!
 (5) 【PR】衆院候補者公募のお知らせ(京都)

============================================================================
 (1) 【ニュース】谷垣禎一総裁「政権の正当性なし」と解散を迫る~党首討論~
============================================================================
谷垣禎一総裁は23日、菅内閣発足後2回目となる党首討論で、「(民主党が看板と
する)マニフェストが実行不能で、政権としての正当性がなくなった。
もう一度国民の声を聞いて態勢を整え直すしかない」として菅直人総理に強く解散を
迫りました。
谷垣総裁は、マニフェストを見直すとする同党方針に公然と反発して衆院議員
16人が会派離脱を表明するなど、同党内の混乱を取り上げたうえで、菅総理自身の
考えを質しましたが、菅総理は「今、何を優先させるべきか、逆に聞きたい」と
問題をすり替えて答えず、解散についても「解散が国民生活にプラスになるのか」と
述べて否定した。
また、谷垣総裁は「内政とともに、一番国民が不安に思っていることは外交だ」と
強調。対ロシア、対米国との関係を不安定化する「菅外交のガバナビリティ」を
批判しました。

============================================================================
 (2) 【ニュース】ニュージーランド地震邦人被害者救出対策本部を設置
============================================================================
わが党は22日、谷垣禎一総裁を本部長とする「ニュージーランド地震邦人被害者
救出対策本部」を設置しました。
現地で被害に巻き込まれたとの情報がある富山外国語専門学校の学生および教員の
安否確認、被害があった場合の救出に全力を挙げるとともに、ニュージーランド
政府に対する被害者救出活動および復興支援にわが国として万全の支援を行うよう、
政府を督励していきます。
谷垣総裁は同日、在日本ニュージーランド大使館のケネディ大使に電話で被害の
お見舞いを伝えるとともに、邦人救出と安全確保への協力を依頼。
ケネディ大使は対策に万全を尽くすと応じました。

============================================================================
 (3) 【特集】民主党予算を斬る「公共事業」
           ~山本公一SC国土交通大臣に聞く~
============================================================================
【壊滅的打撃 地方に冷たい予算】

民主党政権は来年度予算で、「コンクリートから人へ」のスローガンの下、
公共事業費を前年度比5.1%削減する一方、バラマキ政策である高速道路無料化は
20%増としました。
公共事業削減による地方への影響は、わが党ならどうするのか。
国土交通部会長でもある山本公一シャドウ・キャビネット国土交通大臣に
聞きました。


―今国会で追及するポイントは。

■山本公一SC国土交通大臣
民主党政権は公共事業費を今年度18.3%削ったのに加え、来年度予算では、
5.1%削減しました。
しかも、民主党は、施設整備などのために地方へ支出していた補助金の一部を一括
交付金化しました。
その分を除くと公共事業費は前年度比13.8%減となるのです。
ここまで削るのは行き過ぎです。地域経済の停滞を招き、デフレを促進する公共事業
削減を放置することはできません。わが党は今国会でこうした点を厳しく突いて
いきます。

―公共事業削減による地方への影響は。

■山本SC大臣
麻生内閣で打ち出した経済対策の効果は、今では切れていると言っていいと
思います。このため、地域経済の柱である建設業は、壊滅的な打撃を受けています。
災害対策の面では、今冬は大雪の被害に見舞われていますが、建設業者の倒産で、
除雪作業を行う地域の建設業者が減っています。
除雪作業を行うことが可能な業者でも、人手不足などの問題を抱えています。
また、公共事業削減の影響を受け、地方の建設業者はコスト削減のため重機を
リースに切り替え、自前で重機を所有する業者は減少しています。
これでは、災害時に、復旧作業に支障をきたすなど国民生活への影響が
懸念されます。
つまり、民主党の予算は、地方に対し、極めて冷たい予算になっているのです。
民主党は、地方が直面する実情に真剣に向き合わなければなりません。

―一方で、高速道路無料化の社会実験に前年度比20%増の1200億円が
 投じられました。

■山本SC大臣
今回の予算を見る限り、わが国の高速道路をどうするのかという哲学が感じられ
ません。社会実験というパッチワーク(つぎはぎ)政策をいまだに続けています。
昨年からスタートした社会実験では、高速道路のユーザーでない人までが利用する
ようになりました。
追い越し車線のない2車線の高速道路では、大渋滞が起こり、高速道路を高速で
走行できない状況が生じています。高速道路は受益者負担の原則を堅持し、
維持・建設されるべきものです。
社会実験の名を借りて、いつまでも人気取りのバラマキを続けるべきでは
ありません。
わが党は高速道路無料化の撤回を強く求めていきます。

―わが党ならどのような予算にしますか。

■山本SC大臣
わが党は、無駄な公共事業を進めようとは考えていません。
しかし、わが国には、高速道路のこま切れ状態(ミッシングリンク)の解消はじめ
着実に整備をしなければならない社会資本整備があります。
例えば、コンクリートの構造物の寿命は約50年だといわれています。
橋の建設で見た場合、高度成長期の1960年頃数多く造られました。50年を経た
2010年頃は老朽化により橋が落ちる可能性が高まっています。
こうした社会資本整備は早急に進めなけらばなりません。
まずは、公共投資の対GDP(国内総生産)比の割合を高めることが必要です。
また、一括交付金については、自治体の裁量で使途を判断できるため、つくりかけの
事業が進まないなどの問題が生じかねません。
わが党は、一括交付金を廃止し、移行する前の社会資本整備総合交付金に戻し、
国と地方の連帯をより深めていきたいと考えています。

<機関紙『自由民主』2451号より転載>

◆機関紙『自由民主』ご購読希望の方はコチラから
 → https://youth.jimin.or.jp/paper/kikanshi.html

============================================================================
 (4) 【PR】日本でいちばん最初の政党facebookページがスタート!
============================================================================
ネットメディア局では、日本の政党として初めての実名型ソーシャル・
ネットワーキング・サイトfacebook(フェイスブック)」の公式ページを
立ち上げました。わが党の政策やイベント告知などの新しい発信源とするとともに、
従来の支持者を超える幅広い層とのコミュニケーションを期待しています。
平井たくや局長は22日の記者会見で「谷垣総裁のプライベート写真など、オープン
にしていないレアな情報も掲載していきたい。facebookを通じて多くの方に
自民党のファンとなっていただけるよう努力を重ねていく」と抱負を語りました。

◆党公式facebookはコチラから
 → http://www.facebook.com/jimin.official

============================================================================
 (5) 【PR】衆院候補者公募のお知らせ(京都)
============================================================================
わが党は300の衆院選挙区支部長のうち、現在空白となっている選挙区を
原則公募といたします。谷垣禎一総裁のもと、党再生に向けて一緒に汗を流したいと
いう方のご応募をお待ちしております。
(詳細が決まった選挙区から順次ご案内致します!)

■京都4区[3/20締切]
 → http://web.kyoto-inet.or.jp/org/jimin/

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ