ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

募集・キャンペーン

第14回 国際政治・外交論文コンテスト 結果発表

第14回 国際政治・外交論文コンテスト 開催

第14回国際政治・外交論文コンテスト 授賞式 開催

3月5日に都内にて自由民主党大会が行われ、同会場にて、第14回「国際政治・外交論文コンテスト」授賞式が執り行われました。二階俊博幹事長、田中和德国際局長が見守る中、総裁賞、幹事長賞、国際局長賞の受賞者3名の方々に安倍晋三総裁より賞状と副賞が授与されました。

授賞式

受賞者の皆様、おめでとうございました!
そして、ご応募下さいました皆様に改めて御礼申し上げます。ありがとうございました!

受賞作品

◆自由民主党 総裁賞

岩谷 栄成(いわたに しげなり)さん
兵庫県 28歳 男性 大学院生

(選評)
冷戦後のグローバル化、リベラルな国際秩序への期待が逆行し、今日の熾烈な国際政治の実情を生んだことへの基本認識が非常にしっかりしている。利益や価値の共有も「力の均衡」が前提というのも良い意味でのリアリズムである。また、論理的で構成力もしっかりしている点が高評価を得た。

◆自由民主党 幹事長賞

久我 和也(くが かずや)さん
東京都 35歳 男性 会社員

(選評)
中国やロシアに対しては、普遍的価値を基軸として毅然とした態度で臨み、かつ経済的、文化的交流を深めるとの観点から「是是非非」のアプローチを提言している点は、妥当である。また、中国とロシアに対して、価値外交を通じて平和と安定を世界に築くとの主張に独自性があると、なお良かった。

◆自由民主党 国際局長賞

市野瀬 弘和(いちのせ ひろかず)さん
新潟県 22歳 男性 大学生

(選評)
国際認識がしっかりしており、諸外国の外交思想の理解を重視する視点は正しい。日米同盟を介して中露との軍事バランス、並びに対話と圧力のバランスを保つべしとの論も説得的であった。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ