ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

募集・キャンペーン

お米で世界を驚かそう コメ・米粉レシピコンテスト おかず部門 優秀賞「ごはんしんじょう」加藤 智保さん(専門学校生)

「ごはんしんじょう」
  • 費用※2人分:約400円
  • 調理時間:約60分

レシピのポイント

ご飯を魚のすり身で包んで揚げて、しんじょうにしました。ご飯に小松菜を混ぜてアクセントをつけました。外側のしんじょうのフワフワした食感と中のご飯のもちもち感を活かせるように、べっこうあんをかけました。ご飯と魚のすり身で作る郷土料理があると知ったことから思いついたレシピです。

材料及び分量(2人分)

コメ(ハツシモ)
70g
小松菜(岐阜県産)
30g
少々
魚のすり身(ニコー)
160g
出汁
200cc
タマネギ(岐阜県産)
10g
卵白(岐阜県産)
10g
みりん(白扇酒造)
3cc
濃口しょうゆ(キッコーマン)
5cc
片栗粉(福谷)
5g
梅肉(岐阜県産)
少々
90cc

調理手順

  1. ①米を炊く。
  2. ②出汁をひく。
  3. ③小松菜を茹でて細かく切り、塩をふる。炊いたご飯と合わせ、団子状に丸める。
  4. ④タマネギをみじん切りにし、きつね色に炒めて冷ます。
  5. ⑤魚のすり身に出汁20ccと卵白・タマネギを加え、すり鉢で混ぜ合わせる。
  6. ⑥団子状のご飯をすり身で包み、揚げる。
  7. ⑦なべに出汁、しょうゆ、みりんを入れ火にかけ、味をととのえたら、水溶き片栗粉を入れとろみをつける。
  8. ⑧揚げたしんじょうに切り込みを入れ、器に盛り、あんをかけ仕上げる。
  9. ⑨小松菜を添え、梅肉をのせ仕上げる。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ