ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

募集・キャンペーン

お米で世界を驚かそう コメ・米粉レシピコンテスト

審査員のご紹介

土屋 品子 衆議院議員/料理研究家(主催者代表)

土屋 品子
衆議院議員/料理研究家(主催者代表)

土屋 品子
衆議院議員/料理研究家(主催者代表)

聖心女子大学文学部卒業後、香川栄養専門学校栄養士科・製菓専門科へ入学する。卒業後、品子クッキング&モダンフラワースタジオを主宰。
料理研究家として東急セミナーBE、池坊学園お茶の水学院、その他多数の食品大手企業から依頼を受け講師を務める。テレビ埼玉、読売新聞、オレンジページ等のテレビ・新聞雑誌でも料理の特集コーナーを数年にわたって担当、現在も全国経営者団体連合会会員誌「スクウェア21」にて「成功する食」の提案をしている。
その他、著書には、「ごはん特選」(学習研究社)、「酒の肴」(主婦の友社)などがある。
1996年衆議院議員初当選。現在6期目であり、自由民主党総務副会長と女性活躍推進本部長を兼務する。

香川 明夫 女子栄養大学学長(主催者代表)

香川 明夫
女子栄養大学学長(主催者代表)

香川 明夫
女子栄養大学学長(主催者代表)

学校法人香川栄養学園理事長、女子栄養大学・女子栄養大学短期大学部学長、博士(保健学)。玉川大学文学部教育学科(現教育学部)卒業、上越教育大学大学院学校教育研究科修了、修士(教育学)。埼玉県公立小学校教諭、香川調理製菓専門学校校長等を務める。子どもの食育や小学校教育全般に関する研究に携わる。
著書(共著)に「栄養教諭は何か」(女子栄養大学出版部)、「栄養実習ノート」(医歯薬出版)、「栄養教諭論―理論と実際 三訂版」(建帛社)、「さかな丸ごと探検ノート」(東京水産振興会)他。

工藤 敏之 ラ・ロシェル総料理長

工藤 敏之
ラ・ロシェル総料理長

工藤 敏之
ラ・ロシェル総料理長

1957年12月19日 北海道瀬棚郡今金町に生まれる

1976年函館の調理師学校を卒業後、上京。『森永レストラン』を経て

1977年『東京エアポートレストラン』に入社

1985年『フランス料理店 ラ・ロシェル』に入社

1989年10月、渋谷に移転、同時に料理長に就任

1996年9月、取締役総料理長に就任

現在、『ラ・ロシェル南青山』『ラ・ロシェル山王』『ラ・ロシェル福岡店』『ビストロイル・ド・レ』など4店舗の総料理長としてまた、オーナーである坂井の海外イベント同行、監修している婚礼式場、ゴルフ場などの調理指導を行い、多忙な毎日を過ごしている。

島田 進 パティシエ・シマ シェフ

島田 進
パティシエ・シマ シェフ

島田 進
パティシエ・シマ シェフ

1946年三重県出身
画家を目指して神戸で絵の勉強に励んでいたが師の勧めで上京。
当時六本木にオープンしたばかりの日本で最初のフランス菓子専門店「A.ルコント」と運命的に出会う。3年勤務し渡仏。「ダロワイヨ」「ブッダ」「ベッケル」などで経験を積み約3年間滞在する。
帰国後、フランスの一流レストラン「マキシム・ド・パリ」銀座店のシェフパティシエを務め、その後「A.ルコント」に総製菓長として迎えらえ日本にフランス菓子を広めた第一人者アンドレ・ルコント氏の片腕として活躍する。1998年に麹町に「パティシエ・シマ」をオープン。クレームアンジュ、クレームブリュレ、石畳(生チョコ)など数々のフランス菓子を世に送り出しヒットさせる。2004年「ラトリエ・ド・シマ」をオープン。
お菓子を通じてフランスの豊かな食材・食文化を日本中の人に届けたいという島田進の日々の活動が高く評価され、2005年フランス政府より農事功労章シュバリエを受勲する。
日本でもこの称号を持つパティシエは数少なく、まさに日本フランス菓子界のトップパティシエの1人といえる。
現在は「フランス料理アカデミー日本支部」理事(国際的に権威あるフランス料理・菓子職人の団体)やフランス伝統菓子普及を目的として、日本のトップパティシエ・ブーランジェが集まり駐日フランス大使が名誉会長を務める「クラブ・ド・ラ・ガレットデロワ」会長、東京都洋菓子協会副会長、日本洋菓子協会技術指導部委員長なども務める。

鈴木 広明 赤坂四川飯店料理長

鈴木 広明
赤坂四川飯店料理長

鈴木 広明
赤坂四川飯店料理長

「王道の四川料理を伝えて」
赤坂四川飯店の料理長を務め、公益社団法人日本中国料理協会の全国青年部長を経て、現在理事をも務める鈴木広明料理長。
1964年静岡県に生まれる。
1982年高校卒業と同時に上京し、赤坂四川飯店に入社。日本に四川料理を広めた陳建民氏のもとで修行を積む。
3年後の1985年、池袋四川飯店に異動。
1992年より料理長を務める。
「陳師父は料理の作り方を隠したりせず、何でも教えてくれた。そのことが、短期間で料理を覚えて、他の店の料理長クラスでいくことができた要因です。」と振り返る。
2001年には赤坂店料理長に抜擢される。
現在、大学や料理教室の講師としても活躍中。「生徒さんがおいしくできたと喜ぶ姿が見られるので、料理を教えるのは楽しい。」と語る。

古川 瑞雄 香川調理製菓専門学校校長

古川 瑞雄
香川調理製菓専門学校校長

古川 瑞雄
香川調理製菓専門学校校長

千葉県出身

1971年香川栄養学校 調理師科 卒業、株式会社ホテルオークラ 入社

1976年ホテルオークラ アムステルダム 出向(~1981年)

1997年ホテルオークラ オーキッドルーム 料理長

2006年ホテルオークラ 神戸取締役総料理長 就任

2011年香川調理製菓専門学校 教授

2012年香川調理製菓専門学校 副校長

2015年香川調理製菓専門学校 校長、現在に至る

豊満 美峰子 女子栄養大学短期大学部准教授

豊満 美峰子
女子栄養大学短期大学部准教授

豊満 美峰子
女子栄養大学短期大学部准教授

女子栄養大学大学院栄養学研究科修士課程修了
博士(栄養学) 管理栄養士
専門は調理学で、研究テーマは食嗜好・家庭料理の変遷
著書に「料理のコツ解剖図鑑」サンクチュアリ出版
「女子栄養大学の500kcal定番ごはん」女子栄養大学出版部 等がある。

特別参加

平沢 勝栄衆議院議員/自民党広報本部長

北川 知克衆議院議員/自民党広報戦略局長

小泉 進次郎衆議院議員/農林部会長

前川 恵衆議院議員/ネットメディア局次長

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ