ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党大会

来賓挨拶<要旨>
中西 宏明 日本経済団体連合会会長

中西 宏明 日本経済団体連合会会長

わが国経済はアベノミクスによって安定的な回復を遂げており、企業業績も好調に推移しています。また安倍政権が安定した長期政権の下で、積極的な外交を展開し、世界におけるわが国の存在感と影響力を確固たるものとしていることに対し、経済界として大変心強く思います。
本年は、歴史的な皇位継承をはじめ、G20大阪サミットやラグビーW杯など国を挙げてのイベントが目白押しであり、歴史的な一年です。これまで以上に世界からの注目が集まることから、わが国がリードする新たな成長の形を世界中に示す絶好の機会といえます。
引き続き自由民主党にはデフレからの脱却や国際経済社会の安定と持続的な発展に向けて内政・外交両面で強力なリーダーシップを発揮していただきたいです。
そのためには経済成長のエンジンとしてデジタルの力を徹底的に活用し、Society5・0の実現を図ることが大変重要だと考えます。人類社会は狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会と発展してきました。情報社会に続く次なる新たな社会を、われわれは"そうぞう"社会と考えています。
"そうぞう"にはイマジネーション(想像)とクリエーション(創造)の2つの意味がありますが、それらを融合することこそ、社会の課題を解決し新たな価値を創造する人間本位の社会を築くために大切なのではないかと思います。 国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の達成にも貢献できることからSociety5.0の実現を強力に推進していきます。
さらに社会保障制度改革や財政健全化など構造改革を進めていくほか、自由で開かれた国際経済秩序の維持強化に取り組んでいくことで、不確実な時代を乗り越えて、新たな時代を果敢に切り拓いていきます。
最後に、政治と経済が力を合わせて共通の目標に向かいそれぞれの役割をしっかりと果たすことが重要です。G7諸国の中で最も安定した政治を運営しているわが国において、来る選挙のため経済界として引き続き政治の安定並び政権の政策遂行を全面的に支援していく所存です。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ