ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党大会

来賓挨拶<要旨>
山口 那津男 公明党代表

山口 那津男 公明党代表

自公で政権を奪還してから5年3カ月。この間風雪に耐え、目標とした政策を一つひとつ着実に実行してきました。東日本大震災からの復旧・復興、デフレ脱却、外交などの各分野で着実に結果が出ています。
そして今、内外に課題が山積しています。総選挙で国民に約束した教育費の負担軽減を図る人づくり革命、中小企業支援をはじめとする生産性革命は昨年末の経済政策パッケージに盛り込まれました。また、国際社会の最重要課題である北朝鮮の非核化は、徐々に環境が整いつつあります。今こそ安定した政権の下、諸課題を着実に解決していくことが重要です。
このところ、行政の信頼を揺るがすような事態が明らかになり、国民から厳しい視線が注がれています。実態を解明し、同様の事案が二度と起きないよう体制を立て直すことが政府・与党の責任であると考えます。そして、国民の信頼を取り戻さなければなりません。
政権奪還時の連立合意には「決して驕ることなく、真摯な政治を貫く」とあります。今こそ、国民の声に謙虚に耳をそばだて、丁寧に課題解決に取り組む必要があります。
強い責任感と忍耐力を持ち、国民の期待に応えてまいりましょう。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ