ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党大会

安倍 晋三 総裁演説(要旨)

安倍 晋三総裁

今年の党大会は私が総裁に再び就任して以来、5度目の大会となる。だからこそ初心を忘れてはならないと心に誓っている。
昨年の参院選でわが党は27年ぶりに単独過半数を回復したが、一度失った信頼を取り戻すためには四半世紀以上の年月が必要だったということだ。この緊張感を片時たりとも忘れずに謙虚に、しかし力強く挑戦し続けていくことを誓う。
わが党が政権を奪還してから、名目GDP(国民総生産)は9.5%成長し、長引く不況によって失われた国民総所得50兆円を取り戻すことができた。正規雇用は劇的に増え、子供の相対的貧困率は調査開始以来、初めて改善した。税収も増えている。このアベノミクスの果実を使って社会保障分野を充実させていく。成長と分配の好循環をしっかり回しながら、「戦後最大のGDP600兆円」「希望出生率1.8」「介護離職ゼロ」を達成していく。批判ばかりしていても何も生まれず、壁を打ち破ることはできない。私たちは結果を出していく。
先月、トランプ米大統領と首脳会談を行い、日米同盟は微動だにしないということを内外に示すことができたが、平和安全法制によって間違いなく日米の絆は強くなった。これからも成すべきことは成すとの静かな決意で安保問題に取り組んでいく。
今年は憲法施行70年の節目の年。わが党は憲法改正の発議に向けて具体的な議論をリードしていく。これこそが日本の背骨を担ってきたわが党の歴史的使命だ。皆さん、挑戦する勇気をもって結果を出そうではないか。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ