ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党大会

来賓挨拶<要旨>
日本経済団体連合会 会長 榊原 定征 氏

引き続き経済最優先で政策運営を
政権基盤安定に支援・協力する

日本経済団体連合会 会長 榊原 定征 氏

昨年は結党60年を記念する節目の大会を開催された。いよいよこの夏の参議院選挙に向かってスタートする、大事な今日の大会だと思う。
私たちはこれまでいろいろな試練にさらされてきた。私たちが再び政権を取り戻して3年余り、これまでの教訓を胸に、政治が安定してこそ国民の期待に応えられるということを深く肝に銘じて、政権運営を行ってきた。
この間、アベノミクスの名のもとに経済の進展が確実に生じてきた。その着実な営みを生かして、新しいステージに向かおうとしている。一億総活躍社会。これからはこれまでの成果を経済の成長のみならず、分配にも生かして、成長と分配の好循環を作ろうという新たな目標を掲げた。
国安倍政権のもとで、日本経済は着実に回復を遂げている。長かったデフレからの脱却ももうひと息というところに来ている。その結果、国民の間に、将来に向けての明るい希望や期待が生まれ、企業も成長に向けての自信と展望が持てるようになった。
内政面では、震災復興の加速、財政健全化への道筋も描かれ、岩盤規制改革等など、実に数多くの実績を挙げている。外交面でも、安倍政権は積極的な平和外交、経済外交を展開してきた。国際社会におけるわが国のプレゼンスは確実に、格段に高まっている。
経済界は安倍政権の経済政策、内政、外交・安全保障の取り組みを支持し、高く評価している。今通常国会の施政方針演説で、安倍総理はこの3年間の内政・外交の実績の上に、今後とも困難な課題に真正面から挑戦する、結果を出していくと大変力強く表明された。経済界としてはこれを大変心強く思っている。安倍総理には引き続き経済最優先で政策運営を行っていただきたい。
今年5月に伊勢志摩サミットが開催される。安倍総理には、世界経済の安定化と持続的成長に向けて、力強いリーダーシップを発揮していただきたい。経済界としてもしっかりとバックアップしていきたい。夏には参議院選挙が予定されている。重要課題を前に進めていくためには政権基盤の安定が不可欠だ。この観点から、経済界としてもできる限りの支援、協力をしていきたい。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ