ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党大会

ゲストスピーチ<要旨>
岡野 雅行 岡野工業(株) 代表社員

町工場の親父です。78歳。まだまだ歳をとっていられない。これから2つ、3つ、新製品を作らなきゃならない。今日は政治家の皆さんにひとこと言わせてもらいたい。国民に夢と希望を与えてもらいたい。これから50年先、100年先の青写真を示してもらいたい。
携帯電話の電池のケースを日本で最初に作ったのは私です。ウォークマンの電池も私が日本で最初に作った。リチウムイオン電池なんかは、私のところでは25年前に開発を終えている。
日本の技術はものすごく進んでいるんです。今ご飯を食べさせてもらっているのは7年前の仕事で、今やってるのは10年先の仕事です。だから、政府の人には、日本で食えなくなったら海外へ行けなんて言ってほしくない。
日本は技術でしかメシは食えない。腕に職をつければ、学問がなくたってメシは食えるんだ。こうなったら、こうするんだという備えがあればいい。企業もそう。日本はダメだ、ダメだと言うけどダメじゃないんです。ちゃんと光っている会社がいっぱいある。それも町工場です。大企業っていうのは組立屋で、中小企業とか町工場っていうのはノウハウの固まりなんだ。
ウチで作った(痛くない)注射針は世界のシェア100%。誰も真似できない。人ができるものは、俺は絶対に作らない。うちの会社は従業員がたった5人で、億単位の税金を払っている。政治家さんに頼みたいのは日本の国を、中小企業、町工場を育ててください。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ