ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党大会

来賓挨拶<要旨>
山口 那津男 公明党代表

山口 那津男 公明党代表

野党となり、お互いに党の再生、再建をかけて新たな出発をいたしました。自由民主党の最も良いところは自由があるということです。談論風発、様々な意見を言い合えるということです。自由を失った党では、窮屈で国民は安心することはできません。これからもその自由民主党の良き伝統、良さを大いに生かしていただきたいと期待します。
谷垣総裁とは、実は司法研修所で同期で、兄貴分としての信頼感が皆さんから寄せられていました。自由民主党の総裁として大いにその手腕を発揮していただきたいと思います。
先ほど党の歌をともに歌わせていただきました。「1人の幸福(しあわせ)皆(みな)の幸福(しあわせ)」―。まさに同感であります。政党ですから、いろいろと政策の違いも出てくることでしょう。しかし、国民の等しく求めるところ、これを目指してお互いが全力で応えていく。そういう時代をともに作り上げようではありませんか。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ